Web広告の基礎用語 Part2(CV/CVR/CPA)

Web広告の基礎用語をおさらいしておきます。

コンバージョン

ページにアクセスしたユーザーが、サイト運営側が任意で設定したアクションを達成することです。

フォームの送信、特定のボタンクリック、ダウンロードなどに設定することが一般的です。

CV / Conversion(コンバージョンレート)と横文字で呼ばれることも多いので気をつけましょう。

コンバージョン率

ページにアクセスした人のうち、コンバージョンに至った率です。コンバージョン数÷ページアクセス数(=クリック数)で導きます。

高いほうがいいです。
コンバージョン率を上げるには、ページの改善が必要になります。

CVR / Conversion Rate(コンバージョンレート)と横文字で呼ばれることも多いので注意が必要です。

コンバージョン単価

コンバージョン一回分にかかる費用のことです。費用÷コンバージョン数で導きます。

基本的には低い方がいいでしょう。
この数字をどうやって下げていくか、様々な角度から検討することが重要です。

CPA / Cost Per Acquisition(コストパーアクイジション)と横文字で呼ばれることも多いので覚えておきましょう。

この記事を書いた人

樋口 大輔

新潟県新潟市出身。信州大学を卒業後、東京の出版社に就職。その後、日本とアジアを放浪。社会復帰し、ウェブ制作会社(東京)〜ウェブ制作会社(新潟)を経て、2015年5月キタック入社。2020年4月より現職。