キーワードのマッチタイプとは

検索広告では、ユーザーが検索した語句(キーワード)に応じて、検索結果画面に広告を表示します。

あらかじめキーワードを登録しておく必要があるのですが、キーワード登録の際には「マッチタイプ」を考慮する必要があります。

マッチタイプとは

マッチタイプとは、検索キーワードに対し、どこまでの許容範囲で広告を表示するか設定するものです。

マッチタイプの種類は、下記の4種類です。

マッチタイプの種類

【1】部分一致
【2】絞り込み部分一致
【3】フレーズ一致
【4】完全一致

下に行くほど、キーワードに対して広告表示を許容する範囲は狭くなります。

それでは一つずつ見ていきましょう。

部分一致

部分一致は、キーワード登録時、デフォルトで指定されているマッチタイプです。

設定キーワードに対し、検索語句の表記ゆれを広く許容します。誤字、同義語、他のキーワードや、関連性のあるキーワードでも広告が表示されます。

キーワード設定例:新潟市 中古住宅


広告が表示される検索語句「新潟 中古アパート」「物件情報 新潟市」「中古住宅」など

このように部分一致は、検索語句の範囲を広くとります。なので、運用の初期段階で想定していなかったキーワードを収集できる、というメリットがあります。実際の検索語句のデータを集めて、有用なキーワードは、実際にキーワード登録すればよいのです。

反面、不要なキーワードに無駄撃ちしやすい、というデメリットもあります。

マッチタイプは、キーワード登録の際に、所定の記号をつけることで設定できます。
部分一致はデフォルト設定なので、なにもキーワードをつけません。

キーワード指定時の記号

記号をつけない。

絞り込み部分一致

登録したキーワードが検索語句に含まれる場合に広告を表示します。語順は無関係です。また、若干の表記ゆれ(類似ワード)も許容するとされています。

キーワード設定例:+新潟市 +中古住宅


広告が表示される検索語句「新潟市 中古住宅」「新潟市 格安 中古住宅」「中古住宅 新潟市」など

絞り込み部分一致は、部分一致のように意図しないワードが入ってしまうリスクも少なく、かつ、ある程度の拡張性も持たせられる、便利なマッチタイプです。

使いこなせれば運用のコントロールもしやすく分析もできる、すばらしいマッチタイプです。

キーワード指定時の記号

+新潟市 +中古住宅
+新潟市 中古住宅 の場合は、「新潟市」のみ絞り込み部分一致指定、「中古住宅」は部分一致指定

フレーズ一致

登録したキーワードと同じ語順の検索語句で広告が表示されます。また、若干の表記ゆれ(類似ワード)も許容するとされています。

キーワード設定例:”新潟市 中古住宅”


広告が表示される検索語句「新潟市 中古住宅」「新潟市 中古住宅 格安」「おすすめ 新潟市 中古住宅」など

フレーズ一致では、語順を指定する、というのが一番の特徴です。また、語句の間に別の単語が入ると、広告は表示されません。

語順に意味があるキーワードを登録する際に効果を発揮できるでしょう。

キーワード指定時の記号

“新潟市 中古住宅”

完全一致

その名の通り、登録キーワードと完全に一致する場合にのみ、広告を掲載します。また、類似ワードも許容、される場合があります(「住宅」「家」「住まい」など)。

キーワード設定例:[新潟市 中古住宅]


広告が表示される検索語句「新潟市 中古住宅」「新潟市の中古住宅」「新潟市 中古 家」など

語句の追加や不足などは許容されないため、ピンポイント指定のイメージで使用すればよいでしょう。

ピンポイント指定のため、想定できていない検索語句を収集することはできません。
運用の初期段階でいきなりこれを使うのは、ある程度の目算がたっているケースのみにしましょう。

キーワード指定時の記号

[新潟市 中古住宅]


リスティング広告を運用する上で、キーワードのマッチタイプはとても重要な概念です。
精度を上げていくために、それぞれの特徴をよく理解し、取捨選択していきましょう。

リスティング広告運用のご相談はこちら。