実店舗への集客も重要 – Googleマップにも広告を出してみましょう

Web広告は主に自社のWebサイトやランディングページへの集客が目的の場合が多いですが、実店舗を持っている場合、そこへの集客もしたいところ。紙のチラシがその役割を果たすことが多いですが、Web広告でも施策をうつことが出来ます。

ローカル検索広告と呼ばれ、GoogleやGoogleマップの検索結果に店舗の所在地や電話番号を、広告として表示させることが可能です。当記事ではその方法についてご紹介します。さらっと読んでみてください。

まずはGoogleマイビジネスへ店舗を登録

まずはGoogleマップ上で表示される店舗情報の登録が未だの場合は、Google マイビジネスへ登録しましょう。

そして、地図検索で上位表示を目指すべく、内容の充実化や良いクチコミを集めましょう。(クチコミは地図検索結果に影響要因であるといわれています。)MEO(Map Engine Optimization(マップエンジン最適化))と呼称される施策です。

広告出稿によりユーザーにアプローチすることができます。MEO対策と並行して実施するとよいでしょう。次項にて説明します。

GoogleマイビジネスをGoogle広告と連携

GoogleマイビジネスをGoogle広告と連携することができます。

それぞれのGoogleアカウントが異なっても(例えば広告は運用代行業者が請負う場合など)問題ありません。

既存キャンペーンの住所表示オプションを設定

住所表示オプションとは、広告に会社や店舗の住所、地図、または距離を追加表示できる機能です。すでに出稿中のキャンペーンがあり、来店促進の目的に沿うものであれば、住所表示オプションを設定するとよいでしょう。住有効にするとGoogle検索、GDN、Google マップ上において、店舗情報を表示できます。PCでもスマホでも。各デバイス対応です。

設定方法などは以下をご参考ください:

また、電話問い合わせも増やしたい場合は、電話番号表示オプションもおすすめです。デバイス設定で「モバイル」をオンにすれば、スマホで優先的に表示させることができます(パソコンやタブレットでも表示できます。)

新たにキャンペーンを作る場合は

Google広告で新規キャンペーンを作成する場合は、来店数向上を目的に用意されている、キャンペーンタイプ=ローカルで作成するとよいでしょう。

Google広告 キャンペーン作成画面

効果測定

広告がどう来店や電話問合せに繋がったか、(あくまで目安として)それぞれ効果測定は可能です。

広告をクリックしたユーザーが来店した場合、コンバージョンとして記録されます。その数はあくまで、匿名で集計された統計情報を利用しての予測数になります。広告をクリックしたユーザーをGPS監視しているわけではない(その場合でも、ユーザーがGoogleアカウントにログインして位置情報・履歴を有効にしていないと正確な数字はとれません)ので、あくまで目安の数値になります。

コンバージョン数は、レポート上では通常の「コンバージョン」ではなく「すべてのコンバージョン」に入ります。

電話もコンバージョンとして計測することが出来ます。設定方法などは以下をご参照ください


お問い合わせはお気軽に。