Twitter公式が薦める 効果的なビジネス系広告ツイートの書き方

当記事では公式の@TwitterBusinessによる以下の効果的な広告ツイートの書き方についてご紹介します。

悪い例と改善例

まずは悪い例を見てみましょう

悪い例(上記ビデオよりキャプチャー)

日本語に意訳するなら
「急いで!今ならAgency Playbookが10ドル引き
#マーケティング #Twitter広告 #タイムセール
https://business・・・・・・・・・・・・・・・」 
でしょうか。

※ちなみにAgency Playbookは、Twitter社が出している広告代理店向けのTwitter広告活用書です。ダウンロードは無料ですが、ここでは有料商品の例として扱われています。ダウンロードはこちらからできます。

上記の改善例がこちらです

良い例(上記ビデオよりキャプチャー)

こちらを日本語に意訳すると以下のようになります。
「期間限定で、Agency Playbookが10%オフ
(Twitterカード(リンク先サムネイル画像・ページタイトル)」

改善ポイント

上記の悪い例のどのように改善すべきか、Twitter Businessでは以下のように解説しています

改善ポイント

・大文字での表現を避ける(ACT NOWの部分):怒号のような、ネガティブな印象を読み手に与える可能性があります。改善例では「For a limited time(期間限定)」とより穏やかな表現に変更しています。

 

・「%」で表現する(セール内容の部分):調査では割引額(¥・$)よりも割引率(%)の方がより訴求に効果的との結果が出ています。

 

・ハッシュタグは控え目に:ハッシュタグの利用はとても人気ですが、広告では1,2個あればよい場合が多く、全く必要ない場合もあります。この広告ではリンクのクリックが最優先のため、改善例ではユーザーを他所に遷移させるハッシュタグは除いています。

 

・リンクはTwitterカードで:リンク先のサムネイル画像と概要が表示されるのでユーザー画面に大きく表示され目立ちます。

いかがでしょうか。英語圏と日本ではそもそも言語・文化が異なりますので、上記のアイディアがそのまま活かせるとは限りませんが、参考になる部分があれば試してみる価値は十分にあるでしょう。

お問い合わせはお気軽に。