【Googleアナリティクス】セッション、ユーザー、ページビューの違い

アクセス解析をする上でもっともポピュラーなツールである「Googleアナリティクス」。
Googleアナリティクスの基本的な指標として「セッション」「ユーザー」「ページビュー」があります。

これら3つの指標は、単純に「アクセス数」として取り扱ってはいけません。
数え方がそれぞれ違うのです。

これら3つの指標の違いについて解説します。

セッション

まずは「セッション」です。
3つの指標のうち、この「セッション」がもっとも「アクセス数」のイメージに近いかもしれません。

セッションとは

サイトやアプリでユーザーが操作を行っている時間のこと。

1回の訪問で、ユーザーが1ページだけ見て帰ったとしても、5ページ見たとしても、セッションは「1」とカウントされます。

30分が境界線

ただし、「30分」を境に、計測が分かれます。

  • ユーザーが30分操作を行わない場合、1回セッションが切れます。それ以降の操作は新しいセッションと見なされます。
  • サイトを離れたユーザーが30分以内に戻ってきた場合、同じセッションと見なされます。

ユーザー

「ユーザー」とは、いわゆる「ユニークユーザー」のことです。
以前はアナリティクス上でも「ユニークユーザー」と記載されていましたが、ある時点から単に「ユーザー」になりました。

ユーザーとは

サイトを閲覧している人数のこと。

同じ人が、朝と晩にそれぞれ1回ずつサイトを閲覧すると、「ユーザー:1」「セッション:2」とカウントされます。

計測はブラウザ単位

ただし、ユーザーの計測はブラウザ単位となります。その人が同一人物である、という識別は、ブラウザの「クッキー」というものを利用して行われるためです。

Aさんが、個人PC、スマホ、会社のPCでそれぞれ同じサイトを閲覧すると、それぞれ別のクッキーで計測され、「ユーザー:3」とカウントされます。

ページビュー

文字通り、見られたページ数のことです。よく「PV」と省略されて呼ばれます。

ページビューとは

ページが閲覧された数のこと。

同じ人が、朝と晩に同じサイトに訪問し、朝に3ページ、晩に4ページ閲覧すると、「ユーザー:1」「セッション:2」「ページビュー:7」とカウントされます。


セッション、ユーザー、ページビューで、それぞれ意味合いが違います。目的により、どの指標を重視するかも変わってきますね。