【2021年8月版】 LINE広告の配信面

LINE広告は、2021年3月末時点で月間8,800万人が利用する「LINE」アプリに広告を配信するプラットフォームです。

様々な配信面があり、各サービスの拡充・統廃合と共にしばしばアップデートが行われています。今回は2021年8月時点の配信面について解説します。

LINE広告の配信面一覧

LINE広告で配信できる場所(配信面)は、以下のものです。大きく「LINE」または「LINE広告」の2種類に分かれます。

  • LINE
    • トークリスト(スマートチャンネル)
    • LINE NEWS
    • タイムライン
    • LINEマンガ
    • LINE BLOG
    • ウォレット
      • LINE チラシ
      • LINEポイント
      • LINEショッピング
      • LINE クーポン
      • LINE マイカード
  • LINE広告ネットワーク

配信設定は、この「LINE」または「LINE広告ネットワーク」の単位で指定が可能です。(トークリストに・・といった詳細な配信面を指定することはできません。)

また配信結果をみる際、どの配信面に表示されたのかも「LINE」または「LINE広告ネットワーク」の単位となります。詳細は下記参考リンク(公式FAQ)を参照してください。

Talk Head Viewという動画形式で広告掲載をできるサービスがあります。こちらではLINEのトーク画面最上部に表示することができますがLINE広告とはまた別のサービスになります。

参考リンク

LINEの配信面

トークリスト

LINEのトーク画面最上部の広告枠です。スマートチャンネルとも呼称されます。

最も利用者の多い機能の配信面のため、多くのユーザーの目に留まります。

この場所に動画形式で広告掲載をできるTalk Head Viewというサービスがあります。こちらは、LINE広告管理画面からは出稿できず、別途お問い合わせが必要になります。

LINE NEWS

LINEアプリ内の「ニュース」タブ内に広告が表示されます。

LINE NEWSユーザーは情報収集に積極的な傾向があるため、広告内容が刺されば、広告のクリック率も伸びやすいです。

タイムライン

LINEアプリ内の「タイムライン」タブ内に広告が表示されます。

LINEタイムラインユーザーは他のSNSに比べ、広告へのエンゲージメントが高い傾向にあると言われています。

LINEマンガ

「LINEマンガ」アプリ内で広告を表示します。

ユーザー層は男女半々、年齢は、10代が3割、20〜30代が6割と、若年層だけでなく、幅広い世代に利用されています。

LINE BLOG

LINE BLOGのユーザー比率は、3:7で女性が多いです。
アーティスト、タレント・モデル、ママタレント、ファッション、アイドル、スポーツ、文化人、スペシャリスト、スタンプクリエイターと様々な属性の人達がブログを開設しています。

ウォレット

LINEアプリの「ウォレット」内に広告を表示します。

月間利用者5,400万人以上(2020年月時点)の幅広いユーザーにリーチできます。ウォレット内の様々なタブ(LINEチラシなど)内にも広告表示枠があります。

LINE チラシ

LINEアプリの「ウォレット」タブ内、「LINEチラシ」に広告を表示します。

ユーザーに合わせて近隣店舗のチラシやおすすめ商品が掲載されます。

LINEポイント

LINEアプリの「ウォレット」タブ内、「LINEポイント」に広告を表示します。

「友だち追加」「動画視聴」などの指定条件をクリアすることで、ポイントがもらえるサービスです。

LINEショッピング

LINEアプリの「ウォレット」タブ内、「LINEショッピング」に広告を表示します。

LINEアプリ上から商品を購入できるサービスです。約250社・1億点以上の出品がされています。

LINEクーポン

LINEアプリの「ウォレット」タブ内、「LINEクーポン」に広告を表示します。LINE公式アカウントがよく導線となっています。

LINEマイカード

LINEアプリの「ウォレット」タブ内、「LINEマイカード」に広告を表示します。

10代後半以降まで幅広いユーザーに利用されています。

参考リンク

LINE広告ネットワーク

LINE関連アプリではなく、LINEが保有するアドネットワーク上の3rd partyアプリに広告を配信します。GoogleでいうGDN、YahooでいうYDN、Facebookでいうオーディエンスネットワークのようなものです。


LINE広告には様々な配信面があります。LINEとその関連アプリだけでなく、広告ネットワークも保有し、そこへの配信も可能なため、多種多様なリーチが実現できます。

お問い合わせはお気軽に。