アトリビーションモデルの適用方法(Google広告編)

Google広告:コンバージョンにアトリビーションモデルを適用

本稿では、Google広告のコンバージョントラッキングにおいて、アトリビューションモデルを適用する方法を解説します。

アトリビューションモデルについては、以下の記事をご参照ください。

設定方法

Google広告で対象のアカウントにログイン
上部メニュー「ツールと設定」をクリック
「測定」列の「コンバージョン」をクリック
アトリビューションモデルを変更したい「コンバージョンアクション」の名称をクリック
コンバージョンの設定画面で「設定を編集」クリック
アトリビューションモデルを設定する

アトリビューションモデルは、デフォルトでは「ラストクリック」になっています。

設定画面はこんな感じ

アトリビューションモデルを変更すると、どうなるか

上記のように、Google広告では、設定したコンバージョンアクションごとに、アトリビューションモデルを決めます。

例えば、こんな感じに。

  • コンバージョンA:資料請求フォーム送信→ラストクリックモデル
  • コンバージョンB:予約フォーム送信→接点ベースモデル
  • コンバージョンC:会員登録フォーム送信→減衰モデル
  • コンバージョンD:動画再生→ファーストクリックモデル
  • コンバージョンE:いいねボタンクリック→線形モデル

コンバージョンのカウント方法に影響

Google広告の管理画面では、キャンペーンや広告グループ、広告やキーワードごとに[コンバージョン](および[すべてのコンバージョン])の数が確認できます。

アトリビューションモデルはこの数字のカウント方法に影響します。

デフォルト設定ですと、「ラストクリックモデル」が選択されているため、コンバージョン経路内の最後にクリックされた広告のみにコンバージョンが関連付けられ、カウントされます。

ところが、「ファーストクリックモデル」に変更すると、コンバージョン経路内で最初にクリックされた広告のみに、コンバージョンが関連付けられます。

入札戦略に影響

アトリビューションモデルがコンバージョンのカウント方法に影響を与えるということは、そのコンバージョンデータをベースに最適化を行う自動入札戦略をとっている場合、戦略にも影響を与えることになります。

コンバージョンをベースに最適化を行う入札戦略とは、「コンバージョン数の最大化」「コンバージョン値の最大化」「目標コンバージョン単価」「拡張クリック単価」「目標広告費用対効果」です。

キタックの人

何も考えずにラストクリックモデルのままにしておく、ということではなく、コンバージョンに対する評価方法をよく検討した上で、的確なアトリビューションモデルを割り当てたいですね。

お問い合わせはお気軽に。