【まとめ】ビジネスマネージャを使ってFacebook広告・Instagram広告を始める方法

当サイトでは、これまで様々な記事でFacebook社が提供する広告プラットフォームの仕組みについて解説してきました。Google/Yahoo広告、Twitterなど他のSNS広告と異なり、様々なツールが登場し、複雑な仕組みとなっています。本稿ではまとめとして、Facebook広告・Instagram広告を始める(ユーザー画面に配信する広告の設定・出稿作業を行う)には、どのようなプロセスがあるのかを解説します。

そもそもFacebook/Instagram広告とは

Facebook・Instagramのフィード、ストーリーズ、メッセンジャー、提携ネットワーク(Facebook社と提携しているアプリやサイト)の広告枠に、画像・動画+文章のかたちの広告を配信します。広告ではない一般ユーザーの投稿のような体裁で広告が掲載されるため、ユーザーにとっては、違和感が少ないかたちで広告が表示されます。

※”Facebook広告”という言葉について、
「Facebook社が提供している広告プラットフォーム」という広義の使われる場合があります。この場合、Instagramに配信される広告も”Facebook広告”ということになります。

一方、当サイトでは基本的に、
Facebook広告=「(SNSとしての)Facebookに配信される広告」という狭義の意味合いで使用しています。

①Facebookビジネスマネージャ・広告アカウント開設

Facebook広告・Instagram広告はFacebook社提供の「ビジネスマネージャ」というツールで管理します。
(広告のほかFacebookページの投稿や、広告の出稿、アプリの管理も行うことが出来ます。)

まずはhttps://business.facebook.com/overviewより、ビジネスマネージャを開設しましょう。

ビジネスマネージャについてはこちらの記事を参照ください。

ビジネスマネージャを開設したら、広告出稿にはまず以下の作業を行います。

  • 広告出稿元となるFacebookページの登録
  • 広告出稿元となるInstagramアカウントの登録 ※1 ※2
  • 広告出稿に携わるユーザーを権限別(管理・出稿・閲覧)に登録
  • 広告アカウントの作成、支払い方法の設定

※1 Instagramに広告を配信しない場合は不要となります。
※2 Instagramはこの段階でプロアカウントへ切り替え、Facebookページとリンク設定をしておきましょう

②ドメイン認証

上記①を完了すると、一応広告を出稿できるようにはなります。しかし2021年1月にiPhoneのOS、iOS14のリリース以降、ドメイン認証が必須となっております。

ドメイン認証とは、Facebookページ・Instagramアカウントで宣伝している、サイト(ドメイン)の広告出稿者と所有者が同一であることを、(広告プラットフォームとしての)Facebookに明示するためのものです。

また、次項③の、広告の効果測定を行うためのピクセル設定の際、ドメイン認証済であることが条件となっています。

詳しくはこちらの記事を参照してください:

③広告クリック後の行動を追跡するためピクセルを設定

ピクセルとは、広告をクリックして遷移した先のサイト内の行動を把握するためのツールです。
ピクセルにより、広告出稿の結果、目標は達成されたのか(コンバージョンはあったのか)を追うことが出来ます。

また、ピクセルは広告経由で訪れたユーザーのデータを蓄積していきます。それを利用して、「サイト訪問履歴のある人」(リターゲティング)や、「こういう行動をとったユーザーと類似する人」(カスタムオーディエンス・類似オーディエンスの作成)といったターゲティング、広告の精度向上が可能になります。

ビジネスマネージャ内のイベントマネージャというツールで発行・管理を行います。詳しくはこちらの記事を参照してください:

④広告の設定・出稿

③までのプロセスを経て、出稿したい広告を作成することが出来ます。広告の設定・管理はビジネスマネージャの「広告マネージャ」というツールを使用します。

広告の設定方法は、Google広告など他のプラットフォームとさほど変わりありません。

ただ広告の構造はGoogle広告と若干異なるので混同しないようご注意ください。以下の記事を参考にしてください。


お問い合わせはお気軽に。